北日本新聞 政治部

北日本新聞 政治部、北日本新聞社編集局政治部(富山市/新聞社)の電話番号・住所・地図

左のQRコードを読取機能付きのケータイやスマートフォンで読み取ると簡単にアクセスできます。 ※本ページの施設情報は、株式会社ナビットから提供を受けています。株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス)はこの情報に基づいて生じた損害についての責任を負いません。 。

様々な役割や、その活動の一部をご紹介  内勤の記者は一線 の記者が書いた記事や国内外から入る共同通信の記事を紙面にまとめ上げます。支社編集部はエリア内のニュースをカバー 、総局 ・ 支局は担当市町村内の動きを伝えます。ウェブンやニュースサイトなどへの記事配信も行っています。 自分が書いた記事が新聞に載り、形に残る。それを多くの読者が読んでくれる。時には感想をいただく。刺激と充実感ある毎日を過ごして。

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載し。

日本放送協会「遺骨問題」取材班(代表)報道局社会部副部長 木村 真也木村 真也(きむら・しんや)=1975年7月5日生まれ。98年日本放送協会入局、釧路放送局放送部、報道局社会部、大阪放送局報道部を経て、2014年から現職。神戸新聞社学校再生取材班(代表)編集局報道部 井上 駿井上 駿(いのうえ・しゅん)=1988年10月31日生まれ。2011年神戸新聞社入社、編集局社会部、東播支社編集部を経て、。

 新型インフルエンザ行動計画の年内の改定に向け、県が検討をスタートさせた。八月に知事をトップとする対策本部会議を開き、四日には医師ら専門家によるワーキンググループが流行時の医療体制について協議を始めた。万が一、国内でパンデミック(大流行)が発生した場合、医療機関に人が殺到したり、社会機能もストップする恐れがある。自らの身を守り、感染拡大をできる限り食い止めるために、個人・家庭でも新型インフルエンザ。

第2章 20万都市への飛躍とその現実第7節 都市の生活と新しい文化7 マスメディアの隆盛と新聞人各社新聞人の動向各社新聞人の動向   P955−P956。

県内普及率NO.1の実績。

富山の人々は、自らの県民性を「とにかく真面目で実直」と語る。日本海側では最大の工業集積地で、医薬品、化学などの優良企業が目白押し。富山市から岐阜県高山市を結ぶわずか90キロの沿線から5人のノーベル賞受賞者が生まれ、その国道41号線は「ノーベル街道」ともてはやされている。立山連峰を望む豊かな自然と、強い地域経済。「持ち家率が全国一」「地元就職率がトップクラス」という統計もある。そんな富山で2016年。

 犯罪の被害にあった人や遺族の支援に特化した「新潟県犯罪被害者等支援条例」が4月に施行されるのに合わせ、県は2021年度から独自の支援事業を始める。被害者らに見舞金を支給する市町村に対して県が一部を補助するほか、社会全体で被害者を支える意識をつくるため、フォーラムや巡回パネル展などの啓発事業に取り組む。 県犯罪被害者等支援条例は、殺人や傷害、強制わいせつなどの被害者や家族。

北日本新聞社編集局政治部(富山市/新聞社)の電話番号・住所・地図

左のQRコードを読取機能付きのケータイやスマートフォンで読み取ると簡単にアクセスできます。 ※本ページの施設情報は、株式会社ナビットから提供を受けています。株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス)はこの情報に基づいて生じた損害についての責任を負いません。 ……

職場ナウ 北日本新聞社 採用サイト リクルート・求人・インターン

様々な役割や、その活動の一部をご紹介  内勤の記者は一線 の記者が書いた記事や国内外から入る共同通信の記事を紙面にまとめ上げます。支社編集部はエリア内のニュースをカバー 、総局 ・ 支局は担当市町村内の動きを伝えます。ウェブンやニュースサイトなどへの記事配信も行っています。 自分が書いた記事が新聞に載り、形に残る。それを多くの読者が読んでくれる。時には感想をいただく。刺激と充実感ある毎日を過ごしています。  新聞広告は記事同様 、 読者の生活に欠かせない情報源です。営業局はクライアントを訪問したり、広告会社と連携して営業活動を行う外勤部門と、広告原稿を受け付け、紙面に掲載する内勤部門に分かれます。また、新聞以外のメディアも手がけており、特定の年齢層にターゲットを絞ったフリーペーパー「02(ゼロニィ)」や「まんまる」のほか、富山の総合スポーツマガジン「T’SCENE(ティーズシーン)」 の企……

NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載しています。また「ニュースショッピングコーナー」では、参加社が提供する各種ニュースサイトから好みのサイトを探して手軽に追加契約できます。これにより1つのサイトを購読したユーザーへ、その人に合ったニュースを発見する機会を提供。同時に、参加サイト全体の販売機会も拡大します。 ……

新聞協会賞、新聞経営賞、新聞技術賞 表彰事業 日本新聞協会について

日本放送協会「遺骨問題」取材班(代表)報道局社会部副部長 木村 真也木村 真也(きむら・しんや)=1975年7月5日生まれ。98年日本放送協会入局、釧路放送局放送部、報道局社会部、大阪放送局報道部を経て、2014年から現職。神戸新聞社学校再生取材班(代表)編集局報道部 井上 駿井上 駿(いのうえ・しゅん)=1988年10月31日生まれ。2011年神戸新聞社入社、編集局社会部、東播支社編集部を経て、15年から現職。フジテレビジョンニュース総局報道局報道センター報道番組部(代表)ニュース総局報道局報道センター報道番組部長 佐野 純佐野 純(さの・じゅん)=1969年6月3日生まれ。92年フジテレビジョン入社、報道局社会部、外信部、ワシントン支局長、ロンドン支局長などを経て、2019年7月から現職。沖縄タイムス社編集局写真部(代表)編集局デジタル報道本部写真部長 崎浜 秀也崎浜 秀也(さきはま・……

北日本新聞記事情報 検索結果サンプル:G

 新型インフルエンザ行動計画の年内の改定に向け、県が検討をスタートさせた。八月に知事をトップとする対策本部会議を開き、四日には医師ら専門家によるワーキンググループが流行時の医療体制について協議を始めた。万が一、国内でパンデミック(大流行)が発生した場合、医療機関に人が殺到したり、社会機能もストップする恐れがある。自らの身を守り、感染拡大をできる限り食い止めるために、個人・家庭でも新型インフルエンザに対する知識や備えが求められる。 (XXXX政治部記者) 新型インフルエンザが大流行した場合、県内は最大X千X百人が死亡、X万X千X百人が入院すると推定されている。県は平成XX年XX月に知事を本部長とする対策本部を設置。国の行動計画を踏まえ、流行段階ごとの対策をまとめた県の行動計画(暫定版)を策定した。抗インフルエンザウイルス薬タミフルの備蓄や、マスク、防護服など防疫器材の確保も進めている。 今回……

「函館市史」通説編3 5編2章7節7

第2章 20万都市への飛躍とその現実第7節 都市の生活と新しい文化7 マスメディアの隆盛と新聞人各社新聞人の動向各社新聞人の動向   P955−P956……

株式会社 北日本新聞社 Kinet2021 富山の就活全力でサポート

県内普及率NO.1の実績……

14人が辞職した富山市議会:地方メディア記者たちの闘い

富山の人々は、自らの県民性を「とにかく真面目で実直」と語る。日本海側では最大の工業集積地で、医薬品、化学などの優良企業が目白押し。富山市から岐阜県高山市を結ぶわずか90キロの沿線から5人のノーベル賞受賞者が生まれ、その国道41号線は「ノーベル街道」ともてはやされている。立山連峰を望む豊かな自然と、強い地域経済。「持ち家率が全国一」「地元就職率がトップクラス」という統計もある。そんな富山で2016年、その「真面目で実直」というイメージが崩壊するような不祥事が明るみに出た。富山市議会で、政務活動費(政活費、1人最大月15万円支給)を不正に受給していた14人もの議員が相次いで辞職。いずれも地元の記者が情報公開制度を使って支出伝票のコピーを取得し、「領収書のねつ造と改ざん、水増し」を見破って不正を報道したことが引き金となった。この一連の報道で、チューリップテレビが日本記者クラブ特別賞、日本ジャーナ……

犯罪被害者支援へ 見舞金一部補助 新潟県、21年度から市町村に 政治・行政 新潟県内のニュース

 犯罪の被害にあった人や遺族の支援に特化した「新潟県犯罪被害者等支援条例」が4月に施行されるのに合わせ、県は2021年度から独自の支援事業を始める。被害者らに見舞金を支給する市町村に対して県が一部を補助するほか、社会全体で被害者を支える意識をつくるため、フォーラムや巡回パネル展などの啓発事業に取り組む。 県犯罪被害者等支援条例は、殺人や傷害、強制わいせつなどの被害者や家族が受けた被害を回復、軽減して生活の再構築を支えることを目的として、昨年の県議会12月定例会で可決された。事業の柱は、見舞金支給の補助と啓発事業。県は21年度の当初予算案に関連費用586万円を盛り込んだ。 見舞金支給では、市町村が被害者や遺族に対して見舞金を支給した際、県がその一部を補助する。補助の上限額や割合は4月以降に定める。 大分県と岡山県が同様の事業を実施しており、本県は3番目。県内には現段……

平均ユーザー評価

4.6 / 5

カテゴリ