北日本新聞 選挙結果

北日本新聞 選挙結果、富山市長選 自民候補に藤井裕久氏 予備選で6人中

記者会見で富山市長選への意欲を語る藤井裕久氏=ホテルグランテラス富山 4月の富山市長選に向けた自民党の予備選挙は31日開票され、県議の藤井裕久氏(58)=3期、婦中町千里=が推薦候補に決まった。議員投票と党員投票、世論調査をポイント化した結果、総ポイント数の5割以上を獲得し、他の候補5人を大きく上回った。市長選は藤井裕久氏と、自民以外から立候補する3人との戦いになる構図がほぼ固まった。  予備選。

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載し。

様々な役割や、その活動の一部をご紹介  内勤の記者は一線 の記者が書いた記事や国内外から入る共同通信の記事を紙面にまとめ上げます。支社編集部はエリア内のニュースをカバー 、総局 ・ 支局は担当市町村内の動きを伝えます。ウェブンやニュースサイトなどへの記事配信も行っています。 自分が書いた記事が新聞に載り、形に残る。それを多くの読者が読んでくれる。時には感想をいただく。刺激と充実感ある毎日を過ごして。

”信濃毎日新聞は、政策や主張を同じスタイルでデータ化し、比較できる早稲田大マニフェスト研究所の「マニフェストスイッチ」に沿って、政治家を目指した理由、地域のありたい姿、課題解決に向けた政策などを質問、17日までに回答を得ました。 私たちの住む長野県の代表を選ぶ選挙としては、今回初めて「18歳選挙権」が適用されます。若者の県政への関わりの第一歩となります。この特集を使い、連携する県内6高校が主権者教。

 若者の政治離れを止めようと大学生自らが啓発活動に取り組む「Niigata選挙カレッジ」の2020年度修了証交付式が24日、新潟県庁で開かれた=写真=。1年間の活動を終えた修了生は「一票の重さを周囲に伝えたい」と決意を新たにした。 選挙カレッジは若年層の投票率が低迷する中、政治への関心を高めるため、県明るい選挙推進協議会(事務局・県選挙管理委員会)が13年度から県内の大学。

 富山市議会の中川勇市議(68)=自民=が、市議会の自民会派控室で取材中の北日本新聞社(本社・同市)の女性記者を押し倒し、取材メモを取り上げたとされる問題で、中川市議は15日の議会閉会後、市役所内で会見し「女性記者を押し倒して(メモを)取ったことは200%ない」と全面否定した。【青山郁子】 中川市議の説明では、今月9日午後、控室で議員報酬引き上げに関する市議への聞き取りアンケートをしていた女性記者。

 新聞の仕事は報道だけではありません。営業局では、広告主のニーズに応える広告企画を考え、地域を盛り上げる魅力的なイベントの企画・運営にも力を注いでいます。メディアビジネス室では新聞の枠を飛び出し、雑誌やフリーペーパー、ウェブなど媒体の特性を生かした情報発信に果敢に挑んでいます。 すべての部門に共通しているのは、県民・読者とともにあること。富山の未来をもっと豊かに、もっと元気にするため、あなたの力が。

富山市長選 自民候補に藤井裕久氏 予備選で6人中

記者会見で富山市長選への意欲を語る藤井裕久氏=ホテルグランテラス富山 4月の富山市長選に向けた自民党の予備選挙は31日開票され、県議の藤井裕久氏(58)=3期、婦中町千里=が推薦候補に決まった。議員投票と党員投票、世論調査をポイント化した結果、総ポイント数の5割以上を獲得し、他の候補5人を大きく上回った。市長選は藤井裕久氏と、自民以外から立候補する3人との戦いになる構図がほぼ固まった。  予備選は、自民の推薦候補を一本化するのが目的で、県議と市議の計6人が名乗りを上げた。選考に漏れた場合は市長選の立候補を断念すると誓約させており、2020年秋の知事選のような自民分裂の戦いは回避される見通しだ。  藤井氏は市内のホテルグランテラス富山で記者会見し、「他の候補の思いを受け止め、一枚岩で頑張る。引退する森雅志市長のコンパクトシティー政策を継承しつつ、市全体を発展させたい」と述べた。近く県議や……

NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載しています。また「ニュースショッピングコーナー」では、参加社が提供する各種ニュースサイトから好みのサイトを探して手軽に追加契約できます。これにより1つのサイトを購読したユーザーへ、その人に合ったニュースを発見する機会を提供。同時に、参加サイト全体の販売機会も拡大します。 ……

職場ナウ 北日本新聞社 採用サイト リクルート・求人・インターン

様々な役割や、その活動の一部をご紹介  内勤の記者は一線 の記者が書いた記事や国内外から入る共同通信の記事を紙面にまとめ上げます。支社編集部はエリア内のニュースをカバー 、総局 ・ 支局は担当市町村内の動きを伝えます。ウェブンやニュースサイトなどへの記事配信も行っています。 自分が書いた記事が新聞に載り、形に残る。それを多くの読者が読んでくれる。時には感想をいただく。刺激と充実感ある毎日を過ごしています。  新聞広告は記事同様 、 読者の生活に欠かせない情報源です。営業局はクライアントを訪問したり、広告会社と連携して営業活動を行う外勤部門と、広告原稿を受け付け、紙面に掲載する内勤部門に分かれます。また、新聞以外のメディアも手がけており、特定の年齢層にターゲットを絞ったフリーペーパー「02(ゼロニィ)」や「まんまる」のほか、富山の総合スポーツマガジン「T’SCENE(ティーズシーン)」 の企……

マニフェストスイッチプロジェクト

”信濃毎日新聞は、政策や主張を同じスタイルでデータ化し、比較できる早稲田大マニフェスト研究所の「マニフェストスイッチ」に沿って、政治家を目指した理由、地域のありたい姿、課題解決に向けた政策などを質問、17日までに回答を得ました。 私たちの住む長野県の代表を選ぶ選挙としては、今回初めて「18歳選挙権」が適用されます。若者の県政への関わりの第一歩となります。この特集を使い、連携する県内6高校が主権者教育を実施。選挙での候補者情報の比べ方、投票先の決め方などについて理解を深めた上で、実際に選挙で使われる投票箱を使って模擬投票を行います。”※参考:6高校で模擬投票へ 紙面活用、選挙制度を学ぶ(信濃毎日新聞)……

「一票の重さ」大学生が啓発 新潟県選挙カレッジ修了式 政治・行政 新潟県内のニュース

 若者の政治離れを止めようと大学生自らが啓発活動に取り組む「Niigata選挙カレッジ」の2020年度修了証交付式が24日、新潟県庁で開かれた=写真=。1年間の活動を終えた修了生は「一票の重さを周囲に伝えたい」と決意を新たにした。 選挙カレッジは若年層の投票率が低迷する中、政治への関心を高めるため、県明るい選挙推進協議会(事務局・県選挙管理委員会)が13年度から県内の大学生を対象に毎年行っている。 本年度は27人が参加。新型コロナウイルスの感染防止のため、例年は対面で行っている学習会や出前授業、議員との意見交換をオンラインに切り替えるなど、ウェブを活用する取り組みがメインとなった。 24日の交付式では、同協議会の貝瀬正泰会長が「学んだことをこの先長い人生の糧にしてほしい」とねぎらい、修了証を手渡した。新潟大3年の学生(21)は「本年度は感染症対策でウェブでの情報発……

取材妨害:中川市議「200%ない」 北日本新聞社は批判 /富山

 富山市議会の中川勇市議(68)=自民=が、市議会の自民会派控室で取材中の北日本新聞社(本社・同市)の女性記者を押し倒し、取材メモを取り上げたとされる問題で、中川市議は15日の議会閉会後、市役所内で会見し「女性記者を押し倒して(メモを)取ったことは200%ない」と全面否定した。【青山郁子】 中川市議の説明では、今月9日午後、控室で議員報酬引き上げに関する市議への聞き取りアンケートをしていた女性記者に「何を聞いているのか」と問いただし、アンケート用紙を「見せなさい」「見せられない」と押し問答になった。その際、記者が手に持っていたバインダーを取り合うような形になり、はずみ………

(株)北日本新聞社の新卒採用・会社概要

 新聞の仕事は報道だけではありません。営業局では、広告主のニーズに応える広告企画を考え、地域を盛り上げる魅力的なイベントの企画・運営にも力を注いでいます。メディアビジネス室では新聞の枠を飛び出し、雑誌やフリーペーパー、ウェブなど媒体の特性を生かした情報発信に果敢に挑んでいます。 すべての部門に共通しているのは、県民・読者とともにあること。富山の未来をもっと豊かに、もっと元気にするため、あなたの力が必要です。■思わず読みたくなる記事を      編集局社会部 堀佑太(2017年入社) 警察を担当し、県内で発生する事件や事故を主に取材しています。大変なこともありますが、目標となる先輩がたくさんいるので頑張れます。取材相手の思い丁寧にくみ取りながら、富山で暮らす人が思わず読みたくなる記事を1本でも多く書きたいです。■新しいことにチャレンジ     高岡支社営業部 島崎莉奈(2017年入社) 広告……

平均ユーザー評価

4.0 / 5

カテゴリ