北日本新聞 窃盗

北日本新聞 窃盗、NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載し。

2004年度から防犯の啓蒙活動の一環として防犯講演をおこなってまいりました。その土地や防犯環境などを事前に調査し、お客様に防犯意識の向上を図れるような講演を目指してきました。 近年、犯罪は卑劣さを強め、防犯設備も日々進化しております。しかし残念ながら防犯意識は低いのが現状です。 皆様の防犯意識の向上を第一主義とし、安心安全な生活を送っていただけるよう、 講演活動をおこなっています。 一部講演履歴を。

 資料は、鹿児島市のパチンコ店で財布を盗んだとして男2人を窃盗容疑で再逮捕した事件に関し、想定される29の質問に対する回答や、容疑者の逮捕事実の要旨が記載されていた。  県警によると、同日午後7時すぎ、鹿児島中央署から県警本部当直を通じ、県警記者クラブ所属の13社に通常の逮捕発表文と合わせて一斉送信した。本部当直員のミスによるものという。被害者らには電話で誤送信を報告した。  県警相談広報。

 自宅にいる時間が増えたコロナ禍の中でも、高額な金品がある家を狙い撃ちする窃盗グループが活動範囲を広げているという。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は25日、当サイトの取材に対し、「防盗金庫」の設置などの対策を挙げた。 窃盗グループには、実行部隊とは別の「情報屋」がいて、分業しているケースもあるという。名簿、口コミ、飲食店での会話、SNS等で狙う家の情報を収集し、深夜だけでなく日中。

 富山市議会の自民党会派会長(当時)の中川勇市議(68)が6月、議員報酬引き上げについて別の市議を取材していた地元紙・北日本新聞の記者から、取材メモを取り上げる取材妨害があった。北日本新聞は「取材・報道の自由を脅かすものだ」と訴えている。 市議会は議員報酬を月額10万円引き上げて70万円とする条例改正案を審議していた。北日本新聞は市議全員に条例改正案への賛否や意見を聞くため、6月9日にアンケート形。

   スーパーマーケットのレジ袋を有料化している富山県で、そのスーパーの「買い物カゴ」が大量になくなっていたことが話題になっている。数カ月で200個なくなった店、毎月10個前後が持ち去られたところもある。   富山県では2008年4月からスーパーマーケット、クリーニング店などでレジ袋を有料化している。自治体単位ではこれまでもあるが、県全体でというのは全国初で、県や業界団体らが一丸となって運動を盛り。

2018年1月4日 m3.com編集部。

 富山市議会の中川勇市議(68)=自民=が、市議会の自民会派控室で取材中の北日本新聞社(本社・同市)の女性記者を押し倒し、取材メモを取り上げたとされる問題で、中川市議は15日の議会閉会後、市役所内で会見し「女性記者を押し倒して(メモを)取ったことは200%ない」と全面否定した。【青山郁子】 中川市議の説明では、今月9日午後、控室で議員報酬引き上げに関する市議への聞き取りアンケートをしていた女性記者。

 気象庁によると、上空約5千mには北日本で氷点下36度以下、東日本では氷点下30度以下の寒気が流入。冬型の気圧配置が続き、北日本で20日の夕方にかけ、東日本でも夜にかけて大雪になるところがある。 海上は北日本と東日本の日本海側でうねりを伴ったしけとなり、北海道で大しけになる。 21日午前6時までの24時間予想降雪量は多いところで、東北と関東甲信、北陸が50センチ、北海道は40センチの見込み。。

NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載しています。また「ニュースショッピングコーナー」では、参加社が提供する各種ニュースサイトから好みのサイトを探して手軽に追加契約できます。これにより1つのサイトを購読したユーザーへ、その人に合ったニュースを発見する機会を提供。同時に、参加サイト全体の販売機会も拡大します。 ……

講演履歴   女性防犯設備士 高嶋 郁 

2004年度から防犯の啓蒙活動の一環として防犯講演をおこなってまいりました。その土地や防犯環境などを事前に調査し、お客様に防犯意識の向上を図れるような講演を目指してきました。 近年、犯罪は卑劣さを強め、防犯設備も日々進化しております。しかし残念ながら防犯意識は低いのが現状です。 皆様の防犯意識の向上を第一主義とし、安心安全な生活を送っていただけるよう、 講演活動をおこなっています。 一部講演履歴を紹介いたします。 防犯講演 2019年6月21日 群馬県前橋市 群馬県庁 主催:群馬県防犯設備協会 講師:総合防犯設備士 高嶋 郁 「自分は大丈夫だと思う心理」〜人間の心理と傾向〜 公正世界信念、避難回避、正常性バイアスなど人間の心理から、なぜ防犯対策しない人……

窃盗事件の問い合わせ想定問答 県警、報道機関に誤送信 鹿児島のニュース 南日本新聞

 資料は、鹿児島市のパチンコ店で財布を盗んだとして男2人を窃盗容疑で再逮捕した事件に関し、想定される29の質問に対する回答や、容疑者の逮捕事実の要旨が記載されていた。  県警によると、同日午後7時すぎ、鹿児島中央署から県警本部当直を通じ、県警記者クラブ所属の13社に通常の逮捕発表文と合わせて一斉送信した。本部当直員のミスによるものという。被害者らには電話で誤送信を報告した。  県警相談広報課の久保正弘課長は「関係者や県民の皆さまにおわび申し上げます。職員に対する指導を徹底し、再発防止に努めます」とコメントした。 ……

窃盗の「情報屋」に注意…粗大ごみ回収など偽って室内下見、効果的な「防盗金庫」とは?

 自宅にいる時間が増えたコロナ禍の中でも、高額な金品がある家を狙い撃ちする窃盗グループが活動範囲を広げているという。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は25日、当サイトの取材に対し、「防盗金庫」の設置などの対策を挙げた。 窃盗グループには、実行部隊とは別の「情報屋」がいて、分業しているケースもあるという。名簿、口コミ、飲食店での会話、SNS等で狙う家の情報を収集し、深夜だけでなく日中も狙った家を張り込みをして侵入するタイミングをうかがう。さらには、身分を偽って家に入って事前に「下調べ」をしておくこともあるという。 小川氏は「例えば、役所のリサイクルや粗大ごみを回収しに来ましたなどと言って窃盗グループがやってきます。高齢者のいる家を狙って、『重いでしょう、こちらで運びますから』などと、お年寄りに気さくに声をかけて安心させ、部屋の中に上がり込み、室内の様子を物色するという事例が過……

富山市議取材妨害:「メモ取り上げ、報道の自由侵害」

 富山市議会の自民党会派会長(当時)の中川勇市議(68)が6月、議員報酬引き上げについて別の市議を取材していた地元紙・北日本新聞の記者から、取材メモを取り上げる取材妨害があった。北日本新聞は「取材・報道の自由を脅かすものだ」と訴えている。 市議会は議員報酬を月額10万円引き上げて70万円とする条例改正案を審議していた。北日本新聞は市議全員に条例改正案への賛否や意見を聞くため、6月9日にアンケート形式で一斉取材をすることにした。 北日本新聞社によると、社会部の30代の女性記者が同日、市議会庁舎の自民党会派控室で男性市議に取材していたところ、中川氏が「何を聞いているんだ。見せなさい」と怒鳴りながら近づき、取材メモ5枚を無理やり取り上げた。その際、記者は転倒した。メモには市議2人への取材内容が記されており、記者はその場で返すよう求めたが、中川氏は応じなかった。……

スーパー「買い物カゴ」持ち去りの頻発 「住みやすさ1位」富山県どうしたの?: J CAST

   スーパーマーケットのレジ袋を有料化している富山県で、そのスーパーの「買い物カゴ」が大量になくなっていたことが話題になっている。数カ月で200個なくなった店、毎月10個前後が持ち去られたところもある。   富山県では2008年4月からスーパーマーケット、クリーニング店などでレジ袋を有料化している。自治体単位ではこれまでもあるが、県全体でというのは全国初で、県や業界団体らが一丸となって運動を盛り上げている。ところが、そんな富山で4月以降、店の買い物カゴが相次いでなくなるという被害が発生していると、9月21日付で「北日本新聞」が報じた。系列スーパー5店舗で計200個なくなったとか、25店舗展開するチェーンで毎月10個前後のカゴが持ち去られているなど、被害は県内各地でみられるという。もっとも被害が大きいのが、1店舗で200個なくなったという「新鮮市場ユアーズ赤江店」(富山市)だ。J-CAST……

2017地方紙ニュース年間ランキング

2018年1月4日 m3.com編集部……

取材妨害:中川市議「200%ない」 北日本新聞社は批判 /富山

 富山市議会の中川勇市議(68)=自民=が、市議会の自民会派控室で取材中の北日本新聞社(本社・同市)の女性記者を押し倒し、取材メモを取り上げたとされる問題で、中川市議は15日の議会閉会後、市役所内で会見し「女性記者を押し倒して(メモを)取ったことは200%ない」と全面否定した。【青山郁子】 中川市議の説明では、今月9日午後、控室で議員報酬引き上げに関する市議への聞き取りアンケートをしていた女性記者に「何を聞いているのか」と問いただし、アンケート用紙を「見せなさい」「見せられない」と押し問答になった。その際、記者が手に持っていたバインダーを取り合うような形になり、はずみ………

北日本と東日本で大雪の恐れ 交通障害やなだれ警戒、気象庁:山陽新聞デジタル

 気象庁によると、上空約5千mには北日本で氷点下36度以下、東日本では氷点下30度以下の寒気が流入。冬型の気圧配置が続き、北日本で20日の夕方にかけ、東日本でも夜にかけて大雪になるところがある。 海上は北日本と東日本の日本海側でうねりを伴ったしけとなり、北海道で大しけになる。 21日午前6時までの24時間予想降雪量は多いところで、東北と関東甲信、北陸が50センチ、北海道は40センチの見込み。……

平均ユーザー評価

4.6 / 5

カテゴリ