北日本新聞 創刊130周年

北日本新聞 創刊130周年、北日本新聞社が新聞史上初めて 4日間連続ラッピング紙面

北日本新聞社は8月1日に130周年を迎えるに当たり、8月2日から8月5日、創刊130周年記念企画「富山もようプロジェクト」として、新聞史上初めて4日連続でラッピング紙面を実施した。同プロジェクトは、富山の魅力をモチーフにしたテキスタイルデザインを開発し、地域の活性化を目指すもの。今回は、富山を代表する自然「立山連峰」、食「シロエビ」、水「水流」、文化「ガラス工芸」をモチーフに、テキスタイルデザイナ。

「北日本新聞創刊130周年記念 コンプレッサーマジックショー2014in小矢部」開催デー!!会場に到着!心配していた整理券が予定通りなくなったそうで一安心。しっかりとした環境でマジックができる喜びをかみしめて☆パットくんリハーサル中☆ヨコにいるのは二日酔いのトモさんです。単三電池買ってきて~と頼んだら、単四電池が届きました。だけど本番はノーミス☆本番直前、北日本新聞Tさんと☆天気がよすぎて集客が心。

北日本新聞社の歴史のご紹介スポーツマガジン「T’SCENE(ティーズシーン)]発刊メディアビジネス室を新設高岡支社を西部本社に格上げ編集局に編集委員会を新設。

4月13日の小矢部市にある「クロスランドおやべ・セレナホール」で北日本新聞さん主催の「北日本新聞創刊130周年記念 コンプレッサーマジックショー2014in小矢部」が開催されます!無料ですが、入場整理券が必要なのです。おかげ様で募集を開始してすぐに200を超えるお申込みがあったそうです☆座席は300あります!現在の状況は把握できていませんが、お近くの気になるという方はお問い合せ下さいね~。詳細ペー。

2014年06月19日 北日本新聞ではただいま創刊130周年記念 プレゼントキャンペーン Part2を実施しています。現在6ヶ月以上北日本新聞をご購読の方、または6ヶ月以上の新規購読契約をお申込みの方を対象に抽選で1515名様にウ。

 新聞の仕事は報道だけではありません。営業局では、広告主のニーズに応える広告企画を考え、地域を盛り上げる魅力的なイベントの企画・運営にも力を注いでいます。メディアビジネス室では新聞の枠を飛び出し、雑誌やフリーペーパー、ウェブなど媒体の特性を生かした情報発信に果敢に挑んでいます。 すべての部門に共通しているのは、県民・読者とともにあること。富山の未来をもっと豊かに、もっと元気にするため、あなたの力が。

皆から愛される関西のシンボル道頓堀の江崎グリコ看板がリニューアル工事に突入。多くの人が集まり常に注目の的のこの看板が、工事期間中幕で覆われ続けるのはもったいないというクリエーターの思いと。この看板は自分達のものであると同時に、関西の皆さんの、見に来てくれる全ての皆さんのものでもある。だから、数か月の工事期間中も皆が誇れるものにしたい、見にきてくれた皆さんが楽しめるものにしたい。というグリコさんの思。

ここでいう社史は、企業が自身の歴史についてまとめたものを指します。新聞社の社史には、会社の設立以降の歴史のほか、新聞の題字、紙面構成、製作技術等の変遷などが掲載されているのが特長です。また、発行部数や新聞連載小説の記録、地域のニュースの年表(地方紙の場合)、新聞社主催の競技会の記録などの資料が掲載されている場合もあり、さまざまに活用することができます。ここでは、国立国会図書館で所蔵する現存する国内。

●鈴木マサルさんに聞く「富山もようの作り方」Q 絵ともようは何が違うのでしょうか? 絵というと額に入れて部屋に飾っておくようなイメージ。もようは、洋服やかばんなどにして持ち歩くことができます。好きなもようを身に付けていると、うれしい気持ちになり、愛着がわいてきます。また目印にもなります。Q どのようにして富山の宝探しをしたらいいですか? 富山の子どもたちは、ごはんはおいしくて当たり前。魅力に気。

■北陸銀行北陸銀行は、本事業(「クラウドファンディングとやま」)に協賛し、富山県内の新規事業の実現や、事業拡大に向けた支援を行うとともに、事業への共感を呼び込むことによる、支援者も一体となった地域活性化へ向けた活動の仕組みの構築を目指し、地方創生への取り組みを強化してまいります。。

北日本新聞社が新聞史上初めて 4日間連続ラッピング紙面

北日本新聞社は8月1日に130周年を迎えるに当たり、8月2日から8月5日、創刊130周年記念企画「富山もようプロジェクト」として、新聞史上初めて4日連続でラッピング紙面を実施した。同プロジェクトは、富山の魅力をモチーフにしたテキスタイルデザインを開発し、地域の活性化を目指すもの。今回は、富山を代表する自然「立山連峰」、食「シロエビ」、水「水流」、文化「ガラス工芸」をモチーフに、テキスタイルデザイナー・鈴木マサル氏がデザインしたオリジナルの模様が全面を飾った。今後同プロジェクトでは、これらのデザインを生かし、日用品、商業施設、交通機関などさまざまな場面で、地域の暮らしを豊かに彩る展開を図る。……

「北日本新聞創刊130周年記念 コンプレッサーマジックショー2014in小矢部」開催デー!! 富山のマジシャン コンプレッサー事務所

「北日本新聞創刊130周年記念 コンプレッサーマジックショー2014in小矢部」開催デー!!会場に到着!心配していた整理券が予定通りなくなったそうで一安心。しっかりとした環境でマジックができる喜びをかみしめて☆パットくんリハーサル中☆ヨコにいるのは二日酔いのトモさんです。単三電池買ってきて~と頼んだら、単四電池が届きました。だけど本番はノーミス☆本番直前、北日本新聞Tさんと☆天気がよすぎて集客が心配でしたが、来場者は300名くらいだったようで一安心です☆オープニングにパットくんが20分☆楽屋でテレビでチェック♪コンプさんは45分と抽選会のMC。のんびりすすめたら、挑戦したかった演目2つできなくって残念・・・。お世話になった皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!!帰宅して30分ほどお習字タイム、ひらがなも難しい。なかなか思ったようにはかけないなぁ。今度こそはと集中して筆を運ぶ、……

沿革 北日本新聞社 採用サイト リクルート・求人・インターン

北日本新聞社の歴史のご紹介スポーツマガジン「T’SCENE(ティーズシーン)]発刊メディアビジネス室を新設高岡支社を西部本社に格上げ編集局に編集委員会を新設……

北日本新聞さん主催「北日本新聞創刊130周年記念 コンプレッサーマジックショー2014in小矢部」4月13日に開催 富山のマジシャン コンプレッサー事務所

4月13日の小矢部市にある「クロスランドおやべ・セレナホール」で北日本新聞さん主催の「北日本新聞創刊130周年記念 コンプレッサーマジックショー2014in小矢部」が開催されます!無料ですが、入場整理券が必要なのです。おかげ様で募集を開始してすぐに200を超えるお申込みがあったそうです☆座席は300あります!現在の状況は把握できていませんが、お近くの気になるという方はお問い合せ下さいね~。詳細ページを制作しましたよ☆お昼は8号線沿いにあるこちらのお店に。実は最近ハマってます。この前蕎麦を食べたけどおいしかったです!うどんも、もちもちしていておいしかった☆ちなみに、写真のどんぶりは牛丼です。このサイトをフォローする!……

創刊130周年記念 プレゼントキャンペーン Part2

2014年06月19日 北日本新聞ではただいま創刊130周年記念 プレゼントキャンペーン Part2を実施しています。現在6ヶ月以上北日本新聞をご購読の方、または6ヶ月以上の新規購読契約をお申込みの方を対象に抽選で1515名様にウレシイ商品をプレゼント!たくさんのご応募をお待ちしてます。 大雪の影響で道路状況が悪化し、出勤可能な少ない人数全で配達対応しているため、お届けが大幅に遅延しております。誠に申し訳ご… 大雪の影響で、交通網が麻痺し一部のエリアで配達が困難な状況になっております。 出勤可能な少ない人数全員で配達に出ておりま… 新年あけましておめでとうございます 日頃のご愛顧を感謝いたしますとともに 新しい年が素晴らし……

(株)北日本新聞社の新卒採用・会社概要

 新聞の仕事は報道だけではありません。営業局では、広告主のニーズに応える広告企画を考え、地域を盛り上げる魅力的なイベントの企画・運営にも力を注いでいます。メディアビジネス室では新聞の枠を飛び出し、雑誌やフリーペーパー、ウェブなど媒体の特性を生かした情報発信に果敢に挑んでいます。 すべての部門に共通しているのは、県民・読者とともにあること。富山の未来をもっと豊かに、もっと元気にするため、あなたの力が必要です。■思わず読みたくなる記事を      編集局社会部 堀佑太(2017年入社) 警察を担当し、県内で発生する事件や事故を主に取材しています。大変なこともありますが、目標となる先輩がたくさんいるので頑張れます。取材相手の思い丁寧にくみ取りながら、富山で暮らす人が思わず読みたくなる記事を1本でも多く書きたいです。■新しいことにチャレンジ     高岡支社営業部 島崎莉奈(2017年入社) 広告……

道頓堀看板工事で、グリコマンが綾瀬はるかに/新聞史上初、北日本新聞のラッピング紙面/タモリ×宇宙人ジョーンズ=プレボス。

皆から愛される関西のシンボル道頓堀の江崎グリコ看板がリニューアル工事に突入。多くの人が集まり常に注目の的のこの看板が、工事期間中幕で覆われ続けるのはもったいないというクリエーターの思いと。この看板は自分達のものであると同時に、関西の皆さんの、見に来てくれる全ての皆さんのものでもある。だから、数か月の工事期間中も皆が誇れるものにしたい、見にきてくれた皆さんが楽しめるものにしたい。というグリコさんの思いが形になった企画です。(電通関西支社 クリエーティブディレクター 中尾孝年)テキスタイルデザインで日本の暮らしを彩り、豊かにしたい。その想いが、富山の皆さんの「富山愛」と出会ってこの形になりました。プロジェクトは始まったばかり、未来に向けて皆で拡げていきます! (電通 プランナー 小柴尊昭)富山の資産である立山連峰・シロエビ・水流・ガラスをテキスタイルデザイナー鈴木マサルさんと「富山もよう」に。……

新聞社の社史を調べる(日本) 調べ方案内

ここでいう社史は、企業が自身の歴史についてまとめたものを指します。新聞社の社史には、会社の設立以降の歴史のほか、新聞の題字、紙面構成、製作技術等の変遷などが掲載されているのが特長です。また、発行部数や新聞連載小説の記録、地域のニュースの年表(地方紙の場合)、新聞社主催の競技会の記録などの資料が掲載されている場合もあり、さまざまに活用することができます。ここでは、国立国会図書館で所蔵する現存する国内の新聞社の社史のうち代表的なものを取り上げ、その調べ方、関連資料を紹介します。5. 昔の新聞社内の様子について調べるときに役立つ資料国立国会図書館で所蔵する新聞社の社史のうち、比較的長期間の歴史を収録する代表的なものを紹介します。【 】内は当館請求記号です。以下に記載のない新聞社の社史は、「2. 国立国会図書館で所蔵する新聞社の社史を調べる」の方法で探すことができます。国立国会図書館が所蔵する社史……

conocoto(コノコト)

●鈴木マサルさんに聞く「富山もようの作り方」Q 絵ともようは何が違うのでしょうか? 絵というと額に入れて部屋に飾っておくようなイメージ。もようは、洋服やかばんなどにして持ち歩くことができます。好きなもようを身に付けていると、うれしい気持ちになり、愛着がわいてきます。また目印にもなります。Q どのようにして富山の宝探しをしたらいいですか? 富山の子どもたちは、ごはんはおいしくて当たり前。魅力に気付いていないかもしれません。なので県外の知り合いとか、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんなど身近な大人に聞いてみてはどうでしょうか。普段は何とも思っていないものが、宝物なんだと気付くかもしれません。Q 宝物を見つけた後、それをデザインにするときのポイントは? 絵とは違うので、細かいことろまで描かないことですね。そのためには、特徴をしっかりつかむことが大切です。例えばブリなら黄色のしま模様……

富山発!夢をカタチに。 クラウドファンディング

■北陸銀行北陸銀行は、本事業(「クラウドファンディングとやま」)に協賛し、富山県内の新規事業の実現や、事業拡大に向けた支援を行うとともに、事業への共感を呼び込むことによる、支援者も一体となった地域活性化へ向けた活動の仕組みの構築を目指し、地方創生への取り組みを強化してまいります。……

平均ユーザー評価

4.6 / 5

カテゴリ