北日本新聞 仲間と集う

北日本新聞 仲間と集う、投稿案内 北日本新聞ウェブ[webun

北日本新聞への投稿は下記の要綱でお送りください。 郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記して〒930-0094、富山市安住町2の14、北日本新聞社「声の交差点」係へ。350~400字程度。文章を添削することがあります。匿名、他紙との二重投稿は不可。原稿の返却、採否の問い合わせはご遠慮ください。掲載分には薄謝を贈ります。 応募の3カ月以内に写したヨコ型の集合写真。別紙に会の名称、撮影日・場。

1 2014 年 ( 平成 26)6 月砺波市ニュース ( 砺波市関係新聞記事索引 ) 保存版日付 曜日 紙名 ページ主見出し副見出し又は記事概要 編集 発行砺波図書館 1 日 日曜日 北日本 1 顔 face 林哲三さん 砺波市庄川町の木工芸家 3 組織強化へ党員拡大 自民党砺波市連合支部総会 15 とやまキトキト100 選第 5 回伝統工芸 高い伝統技術継承 15 第 8 回テーマ 文化的建造。

家族で食事の席を楽しむ斎藤あさみさん(中央)と家族=2月上旬、鹿沼市内 家族で一緒に食事をする-。10年前までは当たり前だった「幸せ」。1度失ったからこそ、よく分かる。 斎藤(さいとう)あさみさん(46)は2月上旬、夫みきさん(57)、長女美海香(みうか)さん(16)と鹿沼市内の飲食店を訪れた。店主の計らいで、誕生日を迎えたあさみさんの前にケーキが運ばれてくる。笑みがこぼれた。 東京電力福島第1原。

 北日本新聞カルチャー教室は、県内5カ所(本社、カルチャーパーク高岡、新川支社、砺波支社、射水教室)を拠点に、年間を通してアクティブに活動しています。2017年春期(4月)は新規、改編、外部提携など合わせて481講座をラインアップし、新規受講生を広く募集しています。 「学ぶ。出会う。楽しむ|」が北日本新聞カルチャー共通のキャッチコピーです。県内外から一流の講師陣を集結。芸術・文化ジャンルをはじめ健。

国内の各地域が東京の一極集中に歯止めをかけるため、それぞれの特徴を生かして持続的な社会を作ることを「地方創生」と定義するなら、TOYAMATOがめざす「地方覚醒」はまったく異なる概念を持つ。そこでは自治体や行政が主導するのではなく、富山を愛するマインドを持った多くの人たちが富山の魅力を再発見し、誇りに思い、みずからの意思で世界中へ発信していく。あくまでも主役は「人」であり、さまざまな人が混ざり合う。

 福岡県を中心に九州7県の人気物産を集めた大九州展が21日、富山大和で始まり、大勢の来店客がお目当ての品を求めて訪れ、開店からにぎわった。27日まで。  3回目の今年は、初参加の13店を含む計46店が出店。太宰府名物「梅ケ枝餅」や長崎の「茂木ビワゼリー」のブースは、開店と同時に行列ができるほどの人気ぶりだった。福岡の「イチゴ大福」や佐賀の「かにだしコロッケ」など新登場の味も注目を集めていた。 。

投稿案内 北日本新聞ウェブ[webun

北日本新聞への投稿は下記の要綱でお送りください。 郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記して〒930-0094、富山市安住町2の14、北日本新聞社「声の交差点」係へ。350~400字程度。文章を添削することがあります。匿名、他紙との二重投稿は不可。原稿の返却、採否の問い合わせはご遠慮ください。掲載分には薄謝を贈ります。 応募の3カ月以内に写したヨコ型の集合写真。別紙に会の名称、撮影日・場所、60字ほどのコメント、投稿者の住所、氏名、電話番号を明記し、北日本新聞社お客様センター「仲間と集う」係まで。写真は返却しません。掲載までに1~2カ月ほどかかります。掲載日の問い合わせはご遠慮ください。家族や親族だけの集まりは掲載できません。* 「投稿」「仲間と集う」はメールでも受け付けます。  題材は自由ですが、未発表の自作に限ります……

3 日 火曜日 北日本 1 耐震化 86.5% 全国 39 位 県内公立小中学校つり天井 88カ所対策急務 6 仲間と集う 巳騋 ( みらい ) の会砺波市 川金 ( 砺波市松田吉孝 ) 17 災害に

1 2014 年 ( 平成 26)6 月砺波市ニュース ( 砺波市関係新聞記事索引 ) 保存版日付 曜日 紙名 ページ主見出し副見出し又は記事概要 編集 発行砺波図書館 1 日 日曜日 北日本 1 顔 face 林哲三さん 砺波市庄川町の木工芸家 3 組織強化へ党員拡大 自民党砺波市連合支部総会 15 とやまキトキト100 選第 5 回伝統工芸 高い伝統技術継承 15 第 8 回テーマ 文化的建造物 30 日締め切り 19 県高校総体 バスケットボール 19 軟式野球高松宮賜杯県大会 2 部 大会結果 20 高円宮賜杯学童野球県大会 16チーム対戦決まる 20 震災時スムーズに園児引き渡す訓練 砺波出町保育所 27 庄川挽物生かし商品開発 となみ元気道場一輪挿しとコラボ検討 27 写真で夜高の変遷紹介 砺波出町庄川地区市合併 10 周年で企画展 34 県内各地でクマ目撃 魚津 砺波など 富……

【震災10年の現在地】(3)負い目抱え 日常を再生 福島県郡山市から宇都宮市へ自主避難・斎藤あさみさん(46) 社会,県内主要 下野新聞「SOON」ニュース とちぎ大震災10年 それぞれの現在地 下野

家族で食事の席を楽しむ斎藤あさみさん(中央)と家族=2月上旬、鹿沼市内 家族で一緒に食事をする-。10年前までは当たり前だった「幸せ」。1度失ったからこそ、よく分かる。 斎藤(さいとう)あさみさん(46)は2月上旬、夫みきさん(57)、長女美海香(みうか)さん(16)と鹿沼市内の飲食店を訪れた。店主の計らいで、誕生日を迎えたあさみさんの前にケーキが運ばれてくる。笑みがこぼれた。 東京電力福島第1原発事故から3カ月がたった2011年6月、福島県郡山市に住んでいたあさみさんと美海香さんは、宇都宮市内に自主避難した。仕事の拠点が福島のみきさんは、地元に残った。 避難はやむにやまれぬ決断だった。それでも、家族や仕事の事情で、避難したくてもできない人をたくさん知っている。「自分たちだけ逃げた」との「負い目」が、いまだに残る。 事故直後の4月。美海香さんは郡山の小学校に入学した。「登校する時は、長袖、……

カルチャー教室について 富山のカルチャースクール

 北日本新聞カルチャー教室は、県内5カ所(本社、カルチャーパーク高岡、新川支社、砺波支社、射水教室)を拠点に、年間を通してアクティブに活動しています。2017年春期(4月)は新規、改編、外部提携など合わせて481講座をラインアップし、新規受講生を広く募集しています。 「学ぶ。出会う。楽しむ|」が北日本新聞カルチャー共通のキャッチコピーです。県内外から一流の講師陣を集結。芸術・文化ジャンルをはじめ健康・スポーツ、福祉、ビジネスまで広範な分野でバラエティーに富んだ講座の数々をそろえ、皆さんのニーズに応えます。あなたも北日本新聞カルチャー教室の仲間に加わってみませんか!新たな出会いと喜びが待っています。 ……

地方創生から地方覚醒へ。

国内の各地域が東京の一極集中に歯止めをかけるため、それぞれの特徴を生かして持続的な社会を作ることを「地方創生」と定義するなら、TOYAMATOがめざす「地方覚醒」はまったく異なる概念を持つ。そこでは自治体や行政が主導するのではなく、富山を愛するマインドを持った多くの人たちが富山の魅力を再発見し、誇りに思い、みずからの意思で世界中へ発信していく。あくまでも主役は「人」であり、さまざまな人が混ざり合う多様性が、富山の魅力を高めていくと考える。TOYAMATOの主役のひとり、株式会社アトム代表取締役の青井茂氏は、丸井デパートの創業者である青井忠治氏を祖父にもつ実業家だ。東京生まれだが、大学時代に初めて富山を訪れた時、その豊かな文化や恵まれた自然にたちまち心を奪われた。そして、富山こそ新しい文化を生み出すのにふさわしい肥沃な土壌であることを確信。現在、同じ想いを持つ仲間とともに、富山の新たな価値創……

富山県 「大九州展」に人気の物産集う 富山大和

 福岡県を中心に九州7県の人気物産を集めた大九州展が21日、富山大和で始まり、大勢の来店客がお目当ての品を求めて訪れ、開店からにぎわった。27日まで。  3回目の今年は、初参加の13店を含む計46店が出店。太宰府名物「梅ケ枝餅」や長崎の「茂木ビワゼリー」のブースは、開店と同時に行列ができるほどの人気ぶりだった。福岡の「イチゴ大福」や佐賀の「かにだしコロッケ」など新登場の味も注目を集めていた。  オープニングイベントで福岡親善大使の田上真理子さんと、ゆるキャラ「ふくおか官兵衛くん」が来店客を出迎え、太宰府天満宮みこの肝付遥香さんが先着200人に学業鉛筆をプレゼントした。期間中は頭をなでると知恵が付くという信仰がある「御神牛」の展示もある。……

平均ユーザー評価

4.0 / 5

カテゴリ