北日本新聞 ニュース

北日本新聞 ニュース、NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載し。

自分の気になる記事をお気に入り登録感覚でweb上に保存することができます。イベントガイドで週末の予定をチェックしたり、有名ホテルのシェフが紹介するレシピを閲覧できます。国内外のサッカー、野球、ゴルフをはじめ、県内のスポーツ速報までジャンル別に閲覧できます。臨場感あふれる動画ニュース。テレビ感覚で見られます。紙面で逃した連載やコラムをまとめて読むことができます。関連記事や過去の記事検索も簡単! 事件。

様々な役割や、その活動の一部をご紹介  内勤の記者は一線 の記者が書いた記事や国内外から入る共同通信の記事を紙面にまとめ上げます。支社編集部はエリア内のニュースをカバー 、総局 ・ 支局は担当市町村内の動きを伝えます。ウェブンやニュースサイトなどへの記事配信も行っています。 自分が書いた記事が新聞に載り、形に残る。それを多くの読者が読んでくれる。時には感想をいただく。刺激と充実感ある毎日を過ごして。

県内普及率NO.1の実績。

 新聞の仕事は報道だけではありません。営業局では、広告主のニーズに応える広告企画を考え、地域を盛り上げる魅力的なイベントの企画・運営にも力を注いでいます。メディアビジネス室では新聞の枠を飛び出し、雑誌やフリーペーパー、ウェブなど媒体の特性を生かした情報発信に果敢に挑んでいます。 すべての部門に共通しているのは、県民・読者とともにあること。富山の未来をもっと豊かに、もっと元気にするため、あなたの力が。

LINE公式アカウントは、無料通信アプリ「LINE」上で、企業や店舗のアカウントをつくり、 LINEユーザーへダイレクトに情報を届けられるサービスです!出典:※1LINE調べ LINEアプリ月間アクティブユーザー 2018年12月末時点 出典:※2MAUにおけるDAU=Daily Active User(1日に1回以上利用したユーザー)の割合2018年12月末時点 ※3LINEの国内月間アクティブ。

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売。

北日本新聞社は8月1日に130周年を迎えるに当たり、8月2日から8月5日、創刊130周年記念企画「富山もようプロジェクト」として、新聞史上初めて4日連続でラッピング紙面を実施した。同プロジェクトは、富山の魅力をモチーフにしたテキスタイルデザインを開発し、地域の活性化を目指すもの。今回は、富山を代表する自然「立山連峰」、食「シロエビ」、水「水流」、文化「ガラス工芸」をモチーフに、テキスタイルデザイナ。

NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載しています。また「ニュースショッピングコーナー」では、参加社が提供する各種ニュースサイトから好みのサイトを探して手軽に追加契約できます。これにより1つのサイトを購読したユーザーへ、その人に合ったニュースを発見する機会を提供。同時に、参加サイト全体の販売機会も拡大します。 ……

webun ウェブン のご案内 

自分の気になる記事をお気に入り登録感覚でweb上に保存することができます。イベントガイドで週末の予定をチェックしたり、有名ホテルのシェフが紹介するレシピを閲覧できます。国内外のサッカー、野球、ゴルフをはじめ、県内のスポーツ速報までジャンル別に閲覧できます。臨場感あふれる動画ニュース。テレビ感覚で見られます。紙面で逃した連載やコラムをまとめて読むことができます。関連記事や過去の記事検索も簡単! 事件やニュースの経緯がわかります。 ※登録の際は、新聞が実際に届いている住所を入力してください。  集金は会社のほうに来てもらっているが、配達されているのは自宅、といった場合はご自宅の住所を入力してください。  お客様が購読されているかどうかのチェックをしています。  集金先のご住所だけでは、お客様が定期購読者かどうかを確認できない場合があります……

職場ナウ 北日本新聞社 採用サイト リクルート・求人・インターン

様々な役割や、その活動の一部をご紹介  内勤の記者は一線 の記者が書いた記事や国内外から入る共同通信の記事を紙面にまとめ上げます。支社編集部はエリア内のニュースをカバー 、総局 ・ 支局は担当市町村内の動きを伝えます。ウェブンやニュースサイトなどへの記事配信も行っています。 自分が書いた記事が新聞に載り、形に残る。それを多くの読者が読んでくれる。時には感想をいただく。刺激と充実感ある毎日を過ごしています。  新聞広告は記事同様 、 読者の生活に欠かせない情報源です。営業局はクライアントを訪問したり、広告会社と連携して営業活動を行う外勤部門と、広告原稿を受け付け、紙面に掲載する内勤部門に分かれます。また、新聞以外のメディアも手がけており、特定の年齢層にターゲットを絞ったフリーペーパー「02(ゼロニィ)」や「まんまる」のほか、富山の総合スポーツマガジン「T’SCENE(ティーズシーン)」 の企……

株式会社 北日本新聞社 Kinet2021 富山の就活全力でサポート

県内普及率NO.1の実績……

(株)北日本新聞社の新卒採用・会社概要

 新聞の仕事は報道だけではありません。営業局では、広告主のニーズに応える広告企画を考え、地域を盛り上げる魅力的なイベントの企画・運営にも力を注いでいます。メディアビジネス室では新聞の枠を飛び出し、雑誌やフリーペーパー、ウェブなど媒体の特性を生かした情報発信に果敢に挑んでいます。 すべての部門に共通しているのは、県民・読者とともにあること。富山の未来をもっと豊かに、もっと元気にするため、あなたの力が必要です。■思わず読みたくなる記事を      編集局社会部 堀佑太(2017年入社) 警察を担当し、県内で発生する事件や事故を主に取材しています。大変なこともありますが、目標となる先輩がたくさんいるので頑張れます。取材相手の思い丁寧にくみ取りながら、富山で暮らす人が思わず読みたくなる記事を1本でも多く書きたいです。■新しいことにチャレンジ     高岡支社営業部 島崎莉奈(2017年入社) 広告……

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、無料通信アプリ「LINE」上で、企業や店舗のアカウントをつくり、 LINEユーザーへダイレクトに情報を届けられるサービスです!出典:※1LINE調べ LINEアプリ月間アクティブユーザー 2018年12月末時点 出典:※2MAUにおけるDAU=Daily Active User(1日に1回以上利用したユーザー)の割合2018年12月末時点 ※3LINEの国内月間アクティブユーザー7,900万人÷日本の総人口1億2682万人(平成29年1月1日現在(確定値)総務省統計局)調査機関:マクロミル社・インターネット調査(2019年1月実施/全国15〜69歳のLINEユーザーを対象/サンプル数2,060)ソーシャルメディアの利用率出典:総務省情報通信政策研究所 平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(……

冬は美味しく健康に!Yahooニュースと 北日本新聞に経堂と 寒ブリの富山県氷見の記事掲載! –

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK), 『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。 最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情……

北日本新聞社が新聞史上初めて 4日間連続ラッピング紙面

北日本新聞社は8月1日に130周年を迎えるに当たり、8月2日から8月5日、創刊130周年記念企画「富山もようプロジェクト」として、新聞史上初めて4日連続でラッピング紙面を実施した。同プロジェクトは、富山の魅力をモチーフにしたテキスタイルデザインを開発し、地域の活性化を目指すもの。今回は、富山を代表する自然「立山連峰」、食「シロエビ」、水「水流」、文化「ガラス工芸」をモチーフに、テキスタイルデザイナー・鈴木マサル氏がデザインしたオリジナルの模様が全面を飾った。今後同プロジェクトでは、これらのデザインを生かし、日用品、商業施設、交通機関などさまざまな場面で、地域の暮らしを豊かに彩る展開を図る。……

平均ユーザー評価

4.1 / 5

カテゴリ