北日本新聞 日展

北日本新聞 日展、富山県 日展富山展 きょうから一般公開

 日本の美の「今」を紹介する「改組新第5回日展富山展」の開会式が19日、県民会館であり、関係者が一足早く鑑賞した。日本画と洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門に、ベテランから気鋭の若手作家までの秀作を展示。新しい時代を切り開くような力のある作品が会場を彩っている。一般公開は20日午前10時から。  昨年秋に東京で開かれた本展からえりすぐった作品に、県内作家の力作を加えた約270点を展示。新たな表現に。

 日本画や彫刻など5部門の秀作が一堂に会する「改組新第3回日展富山展」が15日、県民会館で始まり、2年ぶりの開催を待ちわびた美術ファンが足を運んだ。より開かれた公募展を目指しての改組から3回目を迎え、会場には新風を感じさせる鮮烈な色合いの洋画から、長年の修練が伝わる工芸美術、書まで多彩な表現が並び、来場者は美との対話を楽しんだ。5月7日まで。   日展は110年の歴史を持つ日本最大級の公募展。富。

1948年 井波彫刻伝統工芸士 谷口草雲(義信)の長男として生まれる 1971年 日展初入選(以後入選39回) 1992年 ハンガリー・デブレッツェン市の国際木彫刻キャンプに招待される 1994年 ロシア・ブラーツク市より招待される  青山三郎氏と二人展 2002年 帖佐美行ギャラリー(東京)にて 上田弘之氏と二人展     北日本マンスリーアート 谷口信夫展 (北日本新聞社ギャラリー) 200。

 自然がみせる一瞬のきらめき。もう二度と見ることのない美の瞬間。  佐藤太清は、自然との一期一会の出会いを、詩情あふれる解釈で絵画に映し、受け止めた心象を永遠のものにしました。  日本画家・佐藤太清は、大正2年(1913)京都府福知山市生まれました。出生直後に両親を失うという苦難に遭遇しますが、故郷の自然に触れ、その情景を描く体験を重ねて、絵の道を志します。18歳で上京し、児玉希望の内弟子とし。

[更新日] 2021-01-212021年(令和3年)2月28日(金)から3月1日(月)の間、第28回 春を生ける 北日本いけばな展が、御旅屋セリオ5階マルチスペースにて開催されます。県内の各流派から出品された春を表現した色鮮やかな作品をお楽しみ下さい。会期中前期・後期で、展示作品が入れ替わりますのでご注意下さい。なお、新型コロナウイルス感染防止対策にご理解・ご協力をお願いいたします。。

1983年東京都八王子市に開館した東京富士美術館は、日本・東洋・西洋の各国、各時代の絵画・版画・写真・彫刻・陶磁・漆工・武具・刀剣・メダルなど様々なジャンルの作品約30,000点を収蔵しています。とりわけ西洋絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンスから20世紀まで、西洋絵画史をほぼ一望できる、時間的・空間的に極めて充実したものとして、日本はもとより国外でも広く知られています。 。

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載し。

©NORITAKE KINASHI 撮影:杉田裕一 全国美術館ツアーを開催中の「木梨(きなし)憲武(のりたけ)展」が、ついに富山で開催されます。  絵画だけではなく、ドローイング、映像、オブジェなど自由な発想による作品約150点を展示します。富山会場からの新作のほか、富山ガラス工房の作家とのコラボレーションによるガラス作品も出品されます。 。

オシダホームは、全国で60000棟以上の実績をもつパナソニックビルダーズグループの一員として、強い部材と接合部、そして強さの裏付けとなる許容応力度計算による『構造計算』を用いた、「パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー」の家を提供している会社です。 また、国土交通省認定の長期優良住宅(長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅)への積極的な取り組みにより、耐久性、可変性にも。

 第61回熊日書道展の審査が21日、熊本市中央区の熊日本社であり、グランプリの熊日賞に菊陽町の尾方起世子さん(70)のかな「高砂」が決まった。 県知事賞は同市東区の吉元綾一[りょういち]さん(20)の漢字「古鄴城童子謠[こぎょうじょうどうじよう]」、熊本市賞は同区の新上晴堂[しんがみせいどう](本名・義昭)さんのてん刻「人長寿[じんちょうじゅ]」が選ばれた。 特選6点と秀作23点、入選146点も選。

富山県 日展富山展 きょうから一般公開

 日本の美の「今」を紹介する「改組新第5回日展富山展」の開会式が19日、県民会館であり、関係者が一足早く鑑賞した。日本画と洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門に、ベテランから気鋭の若手作家までの秀作を展示。新しい時代を切り開くような力のある作品が会場を彩っている。一般公開は20日午前10時から。  昨年秋に東京で開かれた本展からえりすぐった作品に、県内作家の力作を加えた約270点を展示。新たな表現に挑んだ絵画や、造形の美しさを追求した立体まで、幅広い表現を楽しむことができる。  開会式には日展の奥田小由女(さゆめ)理事長(工芸美術)や砺波市出身の藤森兼明副理事長(洋画)ら役員や県内の美術関係者が出席。松井北日本新聞社専務に続き、奥田理事長が「各作家が平成最後の日展に、力を尽くして仕上げた作品を堪能してほしい」とあいさつした。引き続き解説会があり、5部門の役員が見どころや技法を語った。  ……

富山県 秀作319点一堂に 日展富山展

 日本画や彫刻など5部門の秀作が一堂に会する「改組新第3回日展富山展」が15日、県民会館で始まり、2年ぶりの開催を待ちわびた美術ファンが足を運んだ。より開かれた公募展を目指しての改組から3回目を迎え、会場には新風を感じさせる鮮烈な色合いの洋画から、長年の修練が伝わる工芸美術、書まで多彩な表現が並び、来場者は美との対話を楽しんだ。5月7日まで。   日展は110年の歴史を持つ日本最大級の公募展。富山展は2015年以来の開催で、昨秋に都内で開かれた本展からよりすぐった秀作に、地元作家の作品を加えた319点を展示した。  午前9時半に開場すると、夫婦や親子連れらが次々に訪れ、東日本大震災の犠牲者に対する鎮魂の思いを込めた奥田小由女(さゆめ)日展理事長の人形「三陸の海への祈り」や、雪の積もった古木を題材に深い精神性を感じさせる画面に仕上げた土屋礼一(れいいち)同副理事長の日本画「雪餘(せつよ)……

谷口信夫プロフィール

1948年 井波彫刻伝統工芸士 谷口草雲(義信)の長男として生まれる 1971年 日展初入選(以後入選39回) 1992年 ハンガリー・デブレッツェン市の国際木彫刻キャンプに招待される 1994年 ロシア・ブラーツク市より招待される  青山三郎氏と二人展 2002年 帖佐美行ギャラリー(東京)にて 上田弘之氏と二人展     北日本マンスリーアート 谷口信夫展 (北日本新聞社ギャラリー) 2004年 ロシア沿海地方国立美術館(ウラジオストック市)にて 作品展 2007年 砺波市美術館  工芸の秀作  「谷口信夫展」 2008年 となみ野アート「谷口信夫 木彫工芸展」 北日本新聞社 砺波支社ギャラリー 2009年 富山国際センター           富山国際草の根賞 2010年 日本新工芸展                  会員賞 2011年 となみ野美術展             ……

生誕100年 佐藤太清展<終了しました>

 自然がみせる一瞬のきらめき。もう二度と見ることのない美の瞬間。  佐藤太清は、自然との一期一会の出会いを、詩情あふれる解釈で絵画に映し、受け止めた心象を永遠のものにしました。  日本画家・佐藤太清は、大正2年(1913)京都府福知山市生まれました。出生直後に両親を失うという苦難に遭遇しますが、故郷の自然に触れ、その情景を描く体験を重ねて、絵の道を志します。18歳で上京し、児玉希望の内弟子として日本画の修業を始めました。 10年の研鑽を経て、新文展に「かすみ網」で初入選。その後、嵐や炎などの自然現象を崇高の視点であらわし、また太清の代名詞ともいえる連作≪旅シリーズ≫では、自然が持つ美しさに精神性を与え、花鳥風景画という新分野を確立。平成4年(1992)には文化勲章を受章。日本画壇を代表する作家として、戦後の日展を支えました。  本年、佐藤太清は……

第28回 春を生ける 北日本いけばな展  

[更新日] 2021-01-212021年(令和3年)2月28日(金)から3月1日(月)の間、第28回 春を生ける 北日本いけばな展が、御旅屋セリオ5階マルチスペースにて開催されます。県内の各流派から出品された春を表現した色鮮やかな作品をお楽しみ下さい。会期中前期・後期で、展示作品が入れ替わりますのでご注意下さい。なお、新型コロナウイルス感染防止対策にご理解・ご協力をお願いいたします。……

【中止になりました】北日本新聞改題80周年記念西洋絵画400年の旅―珠玉の東京富士美術館コレクション展―

1983年東京都八王子市に開館した東京富士美術館は、日本・東洋・西洋の各国、各時代の絵画・版画・写真・彫刻・陶磁・漆工・武具・刀剣・メダルなど様々なジャンルの作品約30,000点を収蔵しています。とりわけ西洋絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンスから20世紀まで、西洋絵画史をほぼ一望できる、時間的・空間的に極めて充実したものとして、日本はもとより国外でも広く知られています。 本展では、そのなかから厳選した珠玉の作品83点により、16世紀後半から20世紀までの西洋絵画400年の歴史を紹介します。世界の美術ファンを魅了するモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、シャガールなど近代の人気作家に加え、それ以前の歴史をたどるために、ティントレット、フランス・ハルス、アントニー・ヴァン・ダイクなど、日本ではあまり見る機会のない巨匠たちの作品も紹介します。 ぜひこの機会に、……

NEWSmart 地方紙、専門紙などニュースサイトのプラットフォーム

「NEWSmart」は共同通信をはじめ、地方紙、専門紙、スポーツ競技団体などがショッピングモールのように集まり、システムとマーケティング活動を共有することで相乗効果を発揮する ニュースサイトのプラットフォームです。各サイトは独立して運営されていますが、ユーザーが契約したサイトで記事を読むと、「NEWSmart」内の全サイトから関連ニュースを探してユーザーに勧める「クロスレコメンド」機能を搭載しています。また「ニュースショッピングコーナー」では、参加社が提供する各種ニュースサイトから好みのサイトを探して手軽に追加契約できます。これにより1つのサイトを購読したユーザーへ、その人に合ったニュースを発見する機会を提供。同時に、参加サイト全体の販売機会も拡大します。 ……

ガラス美術館特別企画展 木梨憲武展 広報とやま

©NORITAKE KINASHI 撮影:杉田裕一 全国美術館ツアーを開催中の「木梨(きなし)憲武(のりたけ)展」が、ついに富山で開催されます。  絵画だけではなく、ドローイング、映像、オブジェなど自由な発想による作品約150点を展示します。富山会場からの新作のほか、富山ガラス工房の作家とのコラボレーションによるガラス作品も出品されます。  「木梨憲武」らしい、自由な発想と表現方法で観る人を幸せにする展覧会です。《REACH OUT-Glass ガラスアーティスト選手権!!》2020年 Noritake KINASHI in collaboration with Toyama Glass Studio……

ニュータウン嬉野 北日本新聞住宅展 出展!:イベント情報

オシダホームは、全国で60000棟以上の実績をもつパナソニックビルダーズグループの一員として、強い部材と接合部、そして強さの裏付けとなる許容応力度計算による『構造計算』を用いた、「パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー」の家を提供している会社です。 また、国土交通省認定の長期優良住宅(長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅)への積極的な取り組みにより、耐久性、可変性にも対応し、皆様の時代だけではなく、お子様、そしてお孫様へと末永く受け継がれる住宅を目指しています。皆様の愛する家族はもちろん、幸せを感じる時間、そして空間をずっと守り続けるという選択が、私たちオシダホームにはあります。 創業から現在まで積み重ねてきた信頼を、「住まいそのものの安心」と併せて、地元富山で皆様が安心して暮らしていただくことがオシダホームの願いです。……

グランプリに菊陽町の尾方さんの「高砂」 第61回熊日書道展

 第61回熊日書道展の審査が21日、熊本市中央区の熊日本社であり、グランプリの熊日賞に菊陽町の尾方起世子さん(70)のかな「高砂」が決まった。 県知事賞は同市東区の吉元綾一[りょういち]さん(20)の漢字「古鄴城童子謠[こぎょうじょうどうじよう]」、熊本市賞は同区の新上晴堂[しんがみせいどう](本名・義昭)さんのてん刻「人長寿[じんちょうじゅ]」が選ばれた。 特選6点と秀作23点、入選146点も選出。受賞を重ねた人などを対象にした無鑑査に1人、委嘱に1人を新しく認定した。審査員は、いずれも書家で日展会員の山本悠雲氏(漢字)と山根亙清[こうせい]氏(かな)。 尾方さんの作品は「小倉百人一首」にある権中納言匡房[ごんちゅうなごんまさふさ]と良暹[りょうぜん]法師の各1首を上下に書いた。「春と秋の情景を詠んだ歌の意味をうまくつかみ、紙面にまとめている。墨と余白の対比や線の流れが美しい」と評価され……

平均ユーザー評価

4.0 / 5

カテゴリ