北日本新聞 私 の新聞コンクール

北日本新聞 私 の新聞コンクール、2020年度・第17回わたしの新聞コンクール

 僕は小学校三年生から野球チームに入っています。野球が大好きで、毎日練習に行くのが楽しく、中学生になった今でも野球づけの毎日を送っています。  野球を始めてしばらく経(た)ったある日、母が「あなた達(たち)のチーム、新聞に載ってるわよ」と言いました。それが僕と新聞との初めての出会いでした。  その日は大きな大会の開催日で、出場するチームのチーム紹介が載っていました。各チームの集合写真とキャプテン。

 このコンクールは、地域社会で育まれる子どもたちに、調べる楽しさや伝える喜びを知ってもらおうと毎年行っています。取材を通じて培うコミュニケーション力や探求心、記事執筆やレイアウト作業で養う表現力など、子どもたちの総合力が試されるコンクールとして定着しました。  日ごろの学習や遊びの中からわき出る、ユニークなテーマで取り組んだ作品は、独創性に富み、写真や表、イラストをカラフルに使い、分かりやす。

 北日本新聞社と北日本会が主催する本年度の「わたしの新聞コンクール」の作品募集が始まった。コンクールは15回目を迎え、「かべ新聞」「家族de新聞スクラップ」「新聞感想文」の3部門で県内の小中学生と高校生から作品を募る。応募を呼び掛けるポスターができあがった。締め切りは9月11日。  「かべ新聞」は、疑問に感じたことや自由なテーマを取材して手作りの新聞にまとめる。「家族de新聞スクラップ」は気にな。

嬉しいお知らせが届きました!今年の8月開催【オーバード・ホール劇場ツアー】に参加してくれた高岡市在住・小川涼くん(8歳)による劇場ツアーを記事にしたかべ新聞が、北日本新聞社主催「第15回わたしの新聞コンクール」かべ新聞部門において見事、銀賞を受賞されました! 17日午後、授賞式を終えたばかりの涼君が、お母様と一緒にピカピカの盾と表彰状を持って、報告にきてくださいました。おめでとうございます!「第1。

 僕は小学校三年生から野球チームに入っています。野球が大好きで、毎日練習に行くのが楽しく、中学生になった今でも野球づけの毎日を送っています。  野球を始めてしばらく経(た)ったある日、母が「あなた達(たち)のチーム、新聞に載ってるわよ」と言いました。それが僕と新聞との初めての出会いでした。  その日は大きな大会の開催日で、出場するチームのチーム紹介が載っていました。各チームの集合写真とキャプテン。

Senator Sue Serino -- Having spent her life in Dutchess, Sue cares deeply about ensuring our communities remain places where our young people can afford to start their lives and our seniors can afford。

商品名:商業食品脱水機16層食品脱水機ステンレス鋼ST-02乾燥フルーツマシンフルーツ脱水乾燥機1個※国際郵便で発送するためお届けに通常2-3週間程お時間を頂戴しております。※通関審査によっては1ヵ月以上要する可能性もございます。※国際郵便で発送するためお届けに通常2-3週間程お時間を頂戴しております。※通関審査によっては1ヵ月以上要する可能性もございます。ブランド名:LZHZXY内部コンテナ材質。

本物品質の 人気新品送無!!235/40R18 CONTINENTAL コンチネンタル スタッドレス ContiVikingContact6 コンチバイキングコンタクト6 CONTINENTAL サマータイヤ WORK EMOTION CR kiwami ワーク エモーション CR 極 スタッドレスタイヤホイール4本セット試し読み 社会的距離、ナウマンゾウの歩幅で 信濃町の博物館ドイツスズラン見。

規格:幅50mm×長さ60mm水分活性値(AW):0.85以上酸素吸収速度:0.5~1日作業時間:12時間 ※高温多湿の場所では6時間以上放置しないで下さい。1ケース:120個(バラ入)×15袋入り●食品の油脂成分、及びビタミンの酸化防止により、新鮮な風味と栄養素を保持することができます。●カビや腐敗を抑制し、食品の鮮度を持続することができます。●害虫を死滅させ防虫効果に役立ちます。●食品以外にも。

 児童文学「じろはったん」で知られる兵庫県朝来市和田山町出身の作家・森はなさん(1909~89年)の全15作品が、福島県の点訳ボランティアグループの手で点字本になった。森さんが小学校教員を務めたゆかりの地・高砂市の「森はな顕彰会」の依頼を受けて2年がかりで完成させ、このほど兵庫県点字図書館など10施設に寄贈。兵庫と福島を結ぶ取り組みは、10年前の東日本大震災で1冊の「じろはったん」が奇跡的に津波被。

2020年度・第17回わたしの新聞コンクール

 僕は小学校三年生から野球チームに入っています。野球が大好きで、毎日練習に行くのが楽しく、中学生になった今でも野球づけの毎日を送っています。  野球を始めてしばらく経(た)ったある日、母が「あなた達(たち)のチーム、新聞に載ってるわよ」と言いました。それが僕と新聞との初めての出会いでした。  その日は大きな大会の開催日で、出場するチームのチーム紹介が載っていました。各チームの集合写真とキャプテンのコメントが書かれていました。その写真で僕は後ろの方で小さく写り、帽子の影になって顔が全然分からない写真でした。それでも、なんだか照れくさく、でもうれしかったことを覚えています。  僕はそれをきっかけに新聞のスポーツ欄を毎日見るようになりました。スポーツ欄の中でも野球コーナーは僕の欲しい情報が全て書かれています。プロ野球が始まると、テレビで放送されていない試合の結果や詳しい内容、各選手の打率や勝率……

小学生わたしの新聞コンクール

 このコンクールは、地域社会で育まれる子どもたちに、調べる楽しさや伝える喜びを知ってもらおうと毎年行っています。取材を通じて培うコミュニケーション力や探求心、記事執筆やレイアウト作業で養う表現力など、子どもたちの総合力が試されるコンクールとして定着しました。  日ごろの学習や遊びの中からわき出る、ユニークなテーマで取り組んだ作品は、独創性に富み、写真や表、イラストをカラフルに使い、分かりやすく表現しています。子どもたちの伝えたいという気持ちが強く伝わってきます。  一生懸命に取材して作ったアイデアいっぱいの力作たちが、この中にぎゅっとつまっています。 コンクールは、NIE「教育に新聞を」活動の一環として2004年から始めました。 NIE(Newspaper in Education)は「エヌ・アイ・イー」と読みます(日本新聞協会HP参照)。 (C) 北日本新聞社 記事・写……

conocoto(コノコト)

 北日本新聞社と北日本会が主催する本年度の「わたしの新聞コンクール」の作品募集が始まった。コンクールは15回目を迎え、「かべ新聞」「家族de新聞スクラップ」「新聞感想文」の3部門で県内の小中学生と高校生から作品を募る。応募を呼び掛けるポスターができあがった。締め切りは9月11日。  「かべ新聞」は、疑問に感じたことや自由なテーマを取材して手作りの新聞にまとめる。「家族de新聞スクラップ」は気になった記事を専用シートに貼り付け、家族や友達と話し合って意見や感想を書く。「新聞感想文」は記事を読んで自分の意見をつづる。小中学生は3部門とも受け付け、高校生は新聞感想文部門のみ募る。  ウェブサイト「わたしの新聞コンクール」から、詳しい募集要項や専用シートのダウンロードなどができる。作品は各学校や北日本新聞社の本社、支社、北日本新聞販売店で受け付ける。問い合わせは北日本新聞社読者局、電話076(……

速報!小川涼君「第15回わたしの新聞コンクール」かべ新聞部門 銀賞受賞! トピックス・新着情報 AUBADE

嬉しいお知らせが届きました!今年の8月開催【オーバード・ホール劇場ツアー】に参加してくれた高岡市在住・小川涼くん(8歳)による劇場ツアーを記事にしたかべ新聞が、北日本新聞社主催「第15回わたしの新聞コンクール」かべ新聞部門において見事、銀賞を受賞されました! 17日午後、授賞式を終えたばかりの涼君が、お母様と一緒にピカピカの盾と表彰状を持って、報告にきてくださいました。おめでとうございます!「第15回わたしの新聞コンクール」受賞作品は、今月29日北日本新聞別刷り特集、webunにて紹介される予定です。皆さん、涼記者の視点で取材してくれたオーバード・ホールの記事、是非、ご覧になってくださいね。……

2020年度・第17回わたしの新聞コンクール

 僕は小学校三年生から野球チームに入っています。野球が大好きで、毎日練習に行くのが楽しく、中学生になった今でも野球づけの毎日を送っています。  野球を始めてしばらく経(た)ったある日、母が「あなた達(たち)のチーム、新聞に載ってるわよ」と言いました。それが僕と新聞との初めての出会いでした。  その日は大きな大会の開催日で、出場するチームのチーム紹介が載っていました。各チームの集合写真とキャプテンのコメントが書かれていました。その写真で僕は後ろの方で小さく写り、帽子の影になって顔が全然分からない写真でした。それでも、なんだか照れくさく、でもうれしかったことを覚えています。  僕はそれをきっかけに新聞のスポーツ欄を毎日見るようになりました。スポーツ欄の中でも野球コーナーは僕の欲しい情報が全て書かれています。プロ野球が始まると、テレビで放送されていない試合の結果や詳しい内容、各選手の打率や勝率……

NY Senate Republicans – A Clear Vision for New

Senator Sue Serino -- Having spent her life in Dutchess, Sue cares deeply about ensuring our communities remain places where our young people can afford to start their lives and our seniors can afford to stay and enjoy the lives that they worked so hard to build. Residents of the 41st District should know that Sue will fight tirelessly in Albany to achieve that goal.• A strong voice for women, Sue……

商業食品脱水機16層食品脱水機ステンレス鋼ST 02乾燥フルーツマシンフルーツ脱水乾燥機1個

商品名:商業食品脱水機16層食品脱水機ステンレス鋼ST-02乾燥フルーツマシンフルーツ脱水乾燥機1個※国際郵便で発送するためお届けに通常2-3週間程お時間を頂戴しております。※通関審査によっては1ヵ月以上要する可能性もございます。※国際郵便で発送するためお届けに通常2-3週間程お時間を頂戴しております。※通関審査によっては1ヵ月以上要する可能性もございます。ブランド名:LZHZXY内部コンテナ材質:ステンレスモデル番号:ST-02電力:1201-1500W内部コンテナ層:16層製品名:市販のドライフルーツマシン電圧:220V(中国語と英語版)周波数:50Hz定格電力:1500W製品番号:GL0879メッシュ層:16層温度調節可能:40?90℃のフリーコントロールオイルボックスのサイズ:127 * 145 * 60ミリメートル製品サイズ:600 * 520 * 330mm最大タイミング:15……

本物品質の 人気新品送無!!235/40R18 CONTINENTAL コンチネンタル スタッドレス ContiVikingContact6 コンチバイキングコンタクト6 CONTINENTAL サマ

本物品質の 人気新品送無!!235/40R18 CONTINENTAL コンチネンタル スタッドレス ContiVikingContact6 コンチバイキングコンタクト6 CONTINENTAL サマータイヤ WORK EMOTION CR kiwami ワーク エモーション CR 極 スタッドレスタイヤホイール4本セット試し読み 社会的距離、ナウマンゾウの歩幅で 信濃町の博物館ドイツスズラン見頃近づく 富士見の公園に20万本梅野記念絵画館・丸山晩霞記念館 東御の2美術館が再開掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。 copyright©信濃毎日新聞 the shinano mainichi shimbun……

1ケース1800個入り:包材の蔵 鳥繁産業 50×60mm 水分依存型 脱酸素剤 エバーフレッシュ KWX 300 鳥繁産業 店 50×60mm

規格:幅50mm×長さ60mm水分活性値(AW):0.85以上酸素吸収速度:0.5~1日作業時間:12時間 ※高温多湿の場所では6時間以上放置しないで下さい。1ケース:120個(バラ入)×15袋入り●食品の油脂成分、及びビタミンの酸化防止により、新鮮な風味と栄養素を保持することができます。●カビや腐敗を抑制し、食品の鮮度を持続することができます。●害虫を死滅させ防虫効果に役立ちます。●食品以外にも、美術品?金属?毛皮?衣類?薬品などの防虫?防カビ?酸化防止に役立ちます。■高水分の食品(活性水分値0.75以上)専用タイプです。このタイプは湿気を感知して初めて酸素の吸収を始めます。従って通常の空気中では殆ど酸素の吸収が行なわれず、作業性に優れたタイプといえますが、湿度の高い作業場では酸素の吸収がありますのでご留意下さい。このタイプは4方シールされており、特に高水分対応型で、長期保存に適するもの……

東日本大震災がつないだ縁 但馬出身・森はなさん作「じろはったん」が点字本に 総合

 児童文学「じろはったん」で知られる兵庫県朝来市和田山町出身の作家・森はなさん(1909~89年)の全15作品が、福島県の点訳ボランティアグループの手で点字本になった。森さんが小学校教員を務めたゆかりの地・高砂市の「森はな顕彰会」の依頼を受けて2年がかりで完成させ、このほど兵庫県点字図書館など10施設に寄贈。兵庫と福島を結ぶ取り組みは、10年前の東日本大震災で1冊の「じろはったん」が奇跡的に津波被害を免れたことで始まった。(小林良多) 1973年に出版されたこの作品は戦時中の但馬地域が舞台。知的障害のある主人公・じろはったんは戦争で仲良しの「新(しん)やん」を失ったが、理解ができない。連絡を取りたい-と懸命に覚えたひらがなで「しんやん」と紙に書き、タイサンボクの葉に縫い付けて親友の眠る海に流した。 10年前に宮城県石巻市で被災し、今は福島県伊達市で暮らす永野泉さん(66)にとって、「じろは……

平均ユーザー評価

4.6 / 5

カテゴリ